fc2ブログ
2022 / 01
<< 2021 / 12 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2022 / 02 >>

おはようございます。大雪と戦っているわいんびんです。

前から気になっていた、t.c.エレクトロニックのギター用チューナー、"POLYTUNE CLIP"を、1カ月前に買いました。
それ以前はコルグのを使っていて、たいした不満もなかったのですが、ジャラーンと弾くだけで合っていない弦を教えてくれるというので、楽ができるかと思ったのです。

たしかに、かなりズレている弦があると赤いランプで教えてくれるので、便利です。
ふだんダラダラと弾いているときは、多少ズレていても気にしない性格なので、私との相性が良いです。
赤いランプがついたら、その弦を弾くと正確に合わせることができます。
これはコルグのほうが見やすかったのですが、慣れてきました。

クリップでどこにでも付けられます。普通はてっぺんに付けるかと思いますが、私は1弦のペグ(糸巻)の近くに付けて、ヘッドの裏に画面が来るようにしました。
なぜかと言うと、電源ボタンが小さくて押しにくいので、少しでも近くにあったほうがいいからです。1弦をまく時には若干邪魔になりますが。
コルグと違って、弾いていても少し経つと電源が落ちるので、1曲が終わると画面が消えていて、ボタンを頻繁に押す必要があります。
その分電池の持ちがいいみたいで、まだ1回も交換していません。

何よりもカラーの画面で見やすく、リッチな気分にもなれます。
以上、報告まで。


スポンサーサイト



こんばんは。わいんびんです。
もうすぐ2021年も終わりですね。
何歳まで生きるかわかりませんが、また1年寿命が短くなりました。
わいんびんにも若い時がありましたので、今日は井上陽水さんの「少年時代」を弾いてみました。

1990年の発表だそうで、わいんびんは30歳。言わずと知れた大ヒット曲で、私はやりませんでしたが、カラオケに行くとみんな歌っていました。
ところで、陽水さんといえば、私が中学生の時に発売されたアルバム「氷の世界」。これには衝撃を受けました。
聴くだけでやめておけばよかったのに、そのころフォークギターを始めていたので、子供ながらに弾き語りの練習をして、今でもほとんど歌えると思います。
それからほぼ50年。
50年覚え続けているとも言えるし、あまりにも時の早さを感じるし・・・
年寄りの小言で、すみません。

来年も体が持つならば、ギターを練習します。
訪れていただいた皆様には、よいお年を迎えられることをお祈り申し上げます。





楽譜: ソロ・ギターのしらべ(悦楽の映画音楽編、リットーミュージック)、著者 南澤大介さん
難易度: 小学2年生くらい
演奏年月: 2021年11月(61歳)
使用ギター&弦: ヤマハNCX5、低音サバレス クリエーション・カンティーガ、高音オーガスチン インペリアル



おはようございます。昨夜はワインでなく、日本酒をしこたま飲んだ、わいんびんです。

7か月前に購入したニューアンプ ヤマハ、THR30ⅡA Wireless ですが、、きちんと我が家のデスクの右隣のテーブルに鎮座しています。(散らかっていますが・・)

DSC_0032_convert_20211219065808.jpg

なかなかいい音がします。
小さいので、音のありがたみがなく、硬めな感じですが、生音で弾いた時よりはうまくなった気分になれます。
ボリュームも家庭用としては十分で、半分より上までボリュームを上げたことがありません。
ナイロン、チューブ、ダイナミック、コンデンサの4種類のマイクシミュレータが優秀で、私はエレガットギター使用ですが、ナイロン以外も使えます。
"THR Remote"というソフトを使うと、たくさんのプリセットが選べるので遊べます。スマホ版もありますが、私はUSBでつないでパソコン版を使っています。
エディットもパソコンや本体のノブで簡単です。うまくいったと思ったら5つまで本体に記憶でき、この5つは本体のスイッチで選べます。

エフェクトとしては、コンプ、リバーブ、ディレイ、コーラスがありますが、好みの問題でわいんびんは、後ろの2つはカットしています。
ワイヤレスをうたっていますが、ワイヤレスのユニットを買っていないので、ケーブルでつないでいます。エンドピンに挿すコードのジャックですら邪魔だと思っているので、今後もユニットを買うことはないと思います。

これ以外の環境としては、パソコン用のオーディオ・インターフェイスにつないで、そこからモニタースピーカーに音を流しています。
今は、気分次第で半々くらいの割合で使っています。
モニタースピーカーのほうが、音としては好みですが、THRを連れて外で弾くこともあるかと思い、慣れるためというのが一つ。
もう一つの理由としては、我が家のパソコンテレビがオーディオ・インターフェイスのような外部機器に音を出せない仕組みになっているので、THRがあれば、ギターを弾きながらテレビを観られるということです。

ギターの腕が悪いせいか、気に入らないとすぐにアンプのせいにするため、いまだにTHRをいじるのに結構な時間を使っている状態です。
以上、現状を報告します。


おはようございます。わいんびんです。

秋田では初雪が降りました。
春・夏・秋は、どうしても休みの日にはあちこちに遊びに行きたくなります。
寒くなって行きたいところも減ってくるので、家にこもってギターの練習量を増やしたいと思っています。

久しぶりの投稿作品は、一青窈さんの「ハナミズキ」
いわずと知れた、もはや日本のスタンダード。
わいんびんも、長いこと、このアレンジで弾いていますが、完ぺきに弾けたためしがありません。
お暇でしたら、聴いてやってください。





楽譜: ギターソロ・ヒット・ミュージック(第1弾、ドレミ楽譜出版社)、著者 田嶌道生さん
難易度: 小学2年生くらい
演奏年月: 2021年11月(61歳)
使用ギター&弦: ヤマハNCX5、低音サバレス クリエーション・カンティーガ ノーマルテンション、高音オーガスチン インペリアル




おはようございます。わいんびんです。

数カ月前に発売になったヤマハのアコギ用アンプ、"THR30ⅡA Wireless"。
ずっと気になっていましたが、やっぱり買っちゃいました。
ふだん家の中では、パソコンにつないだモニタースピーカーから音を出しているし、ローランドのアンプも持っているんですけど・・・、最近金遣いが荒くなっているかもしれません。

動機としては、
・いろんな機能があって面白そう
・軽くて取り回しが楽に違いない
・お店で試奏したら、結構いい感じだった(その店から購入)
・ヤマハを信頼している
 そんなところです。

下の写真の箱から取り出し、手を伸ばせば届く位置に置いて、連休を利用して遊んでいます。
使い込んだら、またレポートしたいと思ってます。


アンプの箱縮小

Author:わいんびん
1960年生まれ
部屋中、ワインの瓶だらけです

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2022年01月 | 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -